生物学生の日記

せいぶつぶつ

無理を通して道理を蹴っ飛ばしたい



就活から、、、

前回書いているように、就活をしてきた。

1社だけエントリーシートを出してみたらぽんぽん通って、集団面接とグループディスカッションまで行った。

特に対策をしていなかったので、集団面接でキョドッて不採用。。。

 

ただし、前にも書いているように第一志望ではないので問題ない。(凹みはしたが)

当日は、研究所見学、集団面接、グループディスカッションという流れだった。

研究所見学の段階で、正直に言って、あそこで研究するなら大学で研究した方が絶対良いと感じた。

理由はいくつかあるが、1番は設備。

今、僕が所属している研究室の設備と比べてかなり見劣りしてしまう。

 

集団面接でも面接官の人が良く分からないことを言っており、「ここで働きたくないなぁ」と思ってしまった。

僕の感性がずれている可能性はあるが。

冒頭で述べたようにキョドッたのも落ちた一因だろうが、面接中に「何言ってんだコイツ」みたいな態度だったのもあるのかな、と振り返ってみる。

 

ただ、採用担当の人は終始ものすごく丁寧に接してくれた。

不採用の連絡の時もわざわざ電話で、申し訳なさそうに対応してくれて、逆に、心の中で申し訳ないですと唱えた。

 

これにて就活終了。

 

 

 

さて、話は変わるが、先日初めての論文が通った。

正直、めちゃくちゃ嬉しかった。

去年、学振に落ちた時に、教授に「もう研究はやめます」と言ったが、論文が通ったことでやっぱり研究って楽しいと思ってしまった。

これからどうするかは置いておいて、3年間研究に打ち込んで本当によかったと思う。不安や孤独感から一気に解放されたように感じたし、臭い言い方だけど、誇りになった。

 

お金や世間体の問題がなければ、僕は研究を続けていたいのかもしれない。(根っからの研究者はそもそも、そんなこと気にしないのだろうか?)

 

以上。